スーパーなどで安く大量に購入した鶏肉の保存方法

私は通販でお肉を購入したことはありません。通販は、ブランドのお肉を購入できるチャンスではありますが、冷凍便か冷蔵便で送られるので、送料が高くついてしまうな、と感じるからです。
ふるさと納税の制度を利用して、何回かお礼の品でお肉をいただいたことがあります。佐賀県には何回か納税をして、佐賀牛も佐賀豚もいただきました。美味しかったですが、送料を考えると、自分で通販で購入とは、なかなか思い切れません。
私は鶏の胸肉をよく利用します。高たんぱくで低脂肪、味もあっさりしていて使いやすいからです。もともと胸肉はそれほど値段が高い部位ではありませんが、時々100g30円台と、超お得な特価で売られることがあります。そういう時は迷わず大量に購入して、その日に使う分以外は冷凍しておきます。
冷凍する時は、ただ一口大に切って冷凍するのではなく、冷凍している間に下味が浸み込むよう、調味料につけて冷凍します。よく利用するのは塩こうじです。切った鶏肉に塩こうじをまぶし、軽く手で揉んで全体に行き渡らせ、平にして冷凍します。調理するときは、そのままグリルで焼いたりします。
その他の味付けとしては、味噌漬けにしたり、するおろしたにんにくと混ぜた醤油につけたりします。解凍後に塩をまぶすなどするよりも、冷凍中に味を染ませた方が美味しいと思います。
鶏の胸肉の難点としては、ぱさつき感があるところです。息子は胸肉よりも、脂分が多いもも肉の方が食べやすいといいます。以前テレビで、鶏の胸肉のぱさつきを抑えるには、まいたけの酵素を利用したらよいと聞きました。また冷凍するだけでも、しっとり感がアップするとも聞きました。ですので、一度冷凍して解凍した胸肉に、みじん切りしたまいたけをまぶして調理してみたりします。もも肉ほどではないですが、柔らかくなって食べやすいと感じます。
まいたけのみじん切りをまぶすと焼いた時に焦げてしまいますので、こういう時は、シチューなどに利用したりします。
ホワイトシチューでは、もともととろみがあるので、息子も文句も言わず、よく食べます。