美味しさ長持ち! -美味しいお肉の冷凍保存の方法ー

最近テレビでよく特集される業務用スーパー。
一度にたくさんの量を販売することで、おいしいお肉が手軽な値段で手に入るところが人気の理由のようです。
業務用スーパー以外にも今は通販などで同じようにお得なお肉たくさん買うことが出来るサービスやいつものご褒美となるような松坂牛や米沢牛など特別なお肉を購入できるサービスなどお肉にまつわる各種サービスへの注目はさらに高まっています。
このように通販で購入したブランド牛、せっかく美味しいお肉を買ったのだから、そのおいしいお肉の美味しさをより長く保つでことができるとしたら嬉しいですよね。

そこで今回は美味しさを保つお肉の冷凍期間のポイントをご紹介します。
まず、お肉の基本的な冷蔵保存期限についてですが、期間はおよそ2~3週間といわれています。
美味しい状態のお肉を食べたい場合は冷凍したものも2週間以内には必ず食べるようにしましょう。

次に美味しさを保つ保存のポイントを2つ紹介します。
ポイントは”温度変化”と”酸化”です。
”温度変化”についてはゆっくりと時間をかけて冷凍するとお肉の旨味が液体になって染みだしてしまうため急速急冷が重要になってきます。
この液体は旨味を逃してしまう最大の原因となるので注意してください。
”酸化”については、お肉が酸化すると本来の栄養価や風味がどんどん落ち、最悪の場合酸っぱいような異臭を出すようになってしまいます。
酸化は当然空気との接触で起こるため保存までの間になるべく空気に触れないように心がけましょう。

最後にこのようなお肉を美味しく保つポイントを押さえた具体的な保存方法をご紹介します。
お肉の保存は必ずトレーから出し肉表面の水分はすべてふき取りましょう。
その後、サランラップやジップロックにいれ空気になるべく触れないようにし、最後にアルミホイルで包んで冷凍します。
事前に水分をふき取ることでお肉から水分が染み出すことを防ぎます。
ラップやアルミホイルはお肉を空気から守るバリア機能をもっており、さらにアルミホイルは熱伝導が高いためより早く肉の温度を下げることが可能になります。
このように少しの工夫で肉のおいしさを保ったまま長期保存ができるようになります。
ぜひご自宅でも通販でお得に購入したブランド牛で一度試してみてください。