整備士が語るお客様がフロントグリルを購入したときの失敗談

私は整備士をして9年になりますが、その中でフロントグリルを通販で購入したお客様の体験談をお話しさせて頂きたいと思います。

以前車検でご入庫頂いたでお客様でフロントグリルを損傷させてしまった方がいらっしゃいました。もちろん修理希望とのことだったので純正品の新品の金額と中古品の金額を比較してご提案しました。

しかし中古品は小傷が複数あり、日焼けによる色落ちもみられるとのことでした
ので10000円ほどしか変らない新品をおすすめしました。
しかしもっと金額を下げたいお客様はネット通販で購入する事を選択されました。

数日後、結局新品では無く中古の美品を購入されたお客様が来店され、私が物を確認したところ全く形状が違うのです!
何で?と思った私はお客様に確認してみました。
するとお客様はネット通販で間違いなく注文したんだ!と強気の様子…
しかし注文画面を見てみると車種は同じでしたが年式が全く違う物でした…

ちょっと気まずいなと思いながらお客様にそのことをお伝えしたところ何やら落胆した様子。
なんとこの中古美品、私が見積もりを提示した新品より2000円ほど安いだけで、ネット通販の為ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセル見事に3Cのもので無駄遣い状態でした。

本来、部品を注文するときは車台番号、型式類別番号、型式指定番号、年式などを車検証から読み取って注文しますが、何も分からず車種で注文するとこういう事になるんですね。

結局このお客様は別の通販サイトから、車台番号や型式・年式などをしっかり確認して再度、純正新品のフロントグリルを注文されました。
最初はお金を無駄にしたと落ち込んでましたが、良い勉強だったと最後は満足げに帰られました。

皆さんも純正部品を買うときは車検証を確認して購入しましょうね。