クーポン券を効果的に使い店舗ロイヤルティを上げて優良顧客ゲット

私が経営しているのはパンを売りにしているカフェです。私の経営術の中に新規のお客さまを毎月10%は獲得すると言う目標を作っていますが、最近分かってきた事は新規のお客さまも勿論大切なのですが、集客アップや店舗の売上を安定させたり拡大させていくことの重要性は常連客を一人でも多く作ることなのです。

その為、お客さまが再び当店に来てくれる為に打てる策は様々なものがありますが、一番肝心な部分はお店に通ってもらうことなので、通いやすくする為にクーポン券を効果的に使ってもらうという策を考えつきました。

その為にはお店のオリジナルアプリなるものを制作会社に依頼し、アプリから常連さんにはプッシュ通知が行くようになどにすれば、お店の情報を得て、クーポン券を使って、少しでもお得に飲食をしようと思ってもらえること必要だと分かりました。

専門の業者さんにアプリを作ってもらい、サポートが受けられることから手軽にアプリを導入する事ができたと思います。

これまで行っていたフリーペーパーよりもぐんとコストダウンができている事もオリジナルアプリの最大に魅力でありメリットでもあると思っています。

クーポンであれば競合店舗との差別化を図れますし、お客さんにとっても特別感が高まるのです。特別感を感じていただけることから自店舗へのロイヤルティが自ずと上るので、お客様は再びお店に足を運んでくれるようになりるのです。

この法則の流れをつくれるのがオリジナルアプリの存在だと言うことなのです。