赤味噌が発酵食品の中でも、特におすすめの理由

数ある発酵食品の中でも、赤味噌が特におすすめなのは、その健康効果の高さです。

なぜ健康効果が高いのかというと、それは赤味噌の茶褐色の色に秘密があります。普通の白味噌よりも色が濃いのは、アミノ酸と糖が反応したことで、メイラード反応が起きたためです。

メイラード反応により誕生した成分メライジンが、活性酸素を除去してくれて、いつまでも若々しい血管や肌を維持する役割を担ってくれます。また、発酵や熟成の途中で生成されたペプチドには、中性脂肪を少なくする効果があるため、メタボに悩んでいるときなどにも効果的です。

また、赤味噌には豊富な栄養素が含まれていることも魅力の1つです。炭水化物やタンパク質、豊富なミネラルとビタミンなど健康を維持するために必要な成分から、発酵食品ならではの乳酸菌も多いため、腸の健康を助けます。

赤味噌を購入するときには、米麹を使用したものがおすすめです。味が美味しいだけではなく、米麹が持つ消化吸収の良さも手伝い、更なる魅力となります。

そして、赤味噌は味噌汁としてしか使わないという人もいますが、それはとてももったいないことです。赤味噌は、隠し味としても深いコクを出す万能調味料なので、和食だけでなく洋食や中華にも使えます。

アンチエイジング効果や、便秘改善、血糖値の上昇を抑える役割があるので、赤味噌は美味しく健康効果が高い食材です。

美味しくて健康にもいいので、毎日でも食べたい赤味噌ですが、一方で塩分が多いというデメリットもあります。熟成期間が長いため、かなり塩分濃度が高くて塩辛いと感じるものもあります。

健康のことを考えるなら、食べ過ぎには気を付けることが大切です。