経年劣化した屋根を火災保険を使って修理した体験談

我が家は、大阪在住で先祖代々の土地に親が住んでいた家を受け継いで住んでいる状態です。そんな我が家が屋根を火災保険を使って修理した体験談です。

かなり年数が経っているのですが意外に丈夫で特に劣化なども感じていませんでした。しかし築30年は超えているはずなので最近の地震や台風には脅威を感じていました。

心配が的中してしまいある年に台風が来ていつもはそんなに風の影響を受けない地域なのですが物凄く風が強くなって近隣の家の中でも築年数が経っている家はほとんど何らかの被害が起こりました。

普通の台風と違って局地的な竜巻状態の風だったので事前に屋根にブルーシートなどを貼って対策していたのですが当日は、予想以上の強風でブルーシートも吹き飛んでしまい家ごと飛ばされそうな恐怖にとにかく風が過ぎるまで外の様子も見ることも出来ませんでした。

台風が過ぎた後は、風による被害で2階は、雨漏りするようになってしまい初めは気が付かなかったので大雨の日に1階で寝ていて2階の押し入れが水浸しになって布団などが全滅する被害に遭いました。

早急に修理しないといけないと思って調べると火災保険が使えるかもしれないという事が分かったので確認すると見積もりと写真を取って送って下さいと言われました。

お世話になっている工務店の方に見積もりを取ってもらう事にしましたが案外表面から見ているよりも被害が大きくてこれはそう急に修理した方が良いと言われました。

押し入れもカビが生えてしまったら腐って他の部位まで痛むと言われてしまいました。保険会社から送られてきた書類に必要事項を記載して返送してしばらく経った後に調査の方が来て保険金が下りる事になりました。

修理費用は、思ったより高額だったのですが全額は出ませんでしたがかなり負担して貰えたので雨漏りもなおり屋根も綺麗になりとても助かりました。