遺品整理業者を探す時に注意するべきこととは

亡くなった家族や親戚の遺品整理をしたいけれど、素人がやるのはなかなか大変です。どのような点が大変かというと、まず遺品が多い場合、定期的に家に行って片付けるのは時間も手間もかかるという点です。

しかも遺族や親戚の中には高齢の人もいて、整理をするのには限度があるということも考えられます。こういう理由から、遺品整理や生前整理は、いわゆる不用品買取り業者を利用したくなることもあります。

しかし、これはこれでまた問題があります。この手の業者は、要らない物はすべて持って行ってくれますが、その中には思い出の品や、故人の形見と思える品もあります。それを一緒に持って行かれてしまうと、何も手許に残らなくなってしまいます。

こういう事態を防ぐには、やはり専門の業者に委託するのがいいでしょう。また場合によっては、高価なブランド品が多く残されることもあります。そのような場合は、思い出として持っておくか、それとも売却してしまうかで迷うこともあるものです。そういうのも、専門業者に一応相談してみるのがいいでしょう。

ただし、もし自分には必要がないというのであれば、ブランド品として売りに出せば、高額で買い取ってもらうこともできます。遺品の中で何が必要であり、何が不要であるかは身内同士で話し合うべきですが、それでもなかなか意見がまとまらない場合も、業者に一度相談してみるといいでしょう。ただしもちろん業者と一口に言っても、様々な会社があるものです。何を基準にして選ぶといいのでしょうか。

良質な遺品整理業者の見分け方は、まずその店の公式サイトがわかりやすいかどうかによります。また訪問して見積もりを出してくれるとか、その際の服装がきちんとしているかなども大きなポイントになります。さらに見積もりの料金の詳細が、見積書に明記されているかといった点、受け答えが丁寧で、しかもこちらの要求にきちんと応えてくれるかどうかも大事です。

こういう会社は、利用者に寄り添った対応をしてくれるからです。その他、制服がある会社というのも信用できます。逆に対応がよくない、料金の詳細を知らせてくれない、公式サイトが分かりにくいとか、料金が異常に安いなど業者は要注意です。

それともう一つ気をつけたい点として、その業者が遺品整理士の資格を持っているかどうか、会社としての銀行口座があるか、それもチェックしておきましょう。遺族の中で特に高齢者がいる場合は、その辺りのチェックがおろそかになることもあるので、若い人がサポートしてあげるといいでしょう。

それから遺品ではあるけれど、買取りをしてもらえない物もあります。たとえば故人の手紙や日記などは、基本的に買取ってもらう対象にはなりません。場合によっては買取りたいという人もいますが、その場合は相続人同士で話し合うようにしましょう。

それから遺品の中で、ブランド品を業者に高価で買取ってもらうには、きちんと磨いて、できるだけ見栄えをよくするようにしましょう。買取る方も新品に近い物、保存状態がいい物を探しているからです。