日本の三大和牛『米沢牛』について

「和牛」というと、一般的に、高級食品として扱われているイメージがあります。

スーパーなどで見かけたりもしますが、なんでもない日に手を伸ばすのは、躊躇してしまいますよね。

実際に高価なものなので、個人的に、お祝いや贈り物には、間違いなく喜ばれるのではないかと思います。

「日本三大和牛」という言葉をよく耳にしますが、和牛の中でも有名となっているのが、「松阪牛」「神戸牛」「米沢牛」、または「近江牛」や「宮崎牛」などの銘柄和牛ですよね。どの銘柄が日本三大和牛とされるのかは、特にこれといって決まりはないようですが、上記の銘柄和牛をご存知の方は多いかと思います。

現在和牛は、日本人に親しまれているだけではなく、外国の方々にも人気が出ているようで、今後も日本の高級銘柄和牛は世界中で注目されていくことと思います。

ところで、「和牛」と「国産牛」の違いとは何なのでしょうか。

「和牛」とは、遠い昔からの日本従来の牛をもとに、日本国外の品種の牛と交配して作られたものであり、肉専用の牛種である、「黒毛和種」「褐毛(あかげ)和種」、「日本短角種」「無角和種」の四品種と、その四品種の牛の間に生まれた交雑牛のことをいいます。かつては農耕や運搬用だったそうですが、今は高級な肉用牛になっています。

和牛の中でも、やはり黒毛和牛の飼育数が特に多く、全体の約90パーセントを占めています。「霜降り」と呼ばれる脂肪の部分は、世界的にも多くの支持を得ているようです。

一方の「国産牛」とは、品種は特に関係なく、三か月以上国内で肥育された牛のことを指します。そのため、海外の品種の牛でも、外国で生まれ育ち、日本に輸入された牛でも、日本にいる期間が三か月以上と長くなれば、「国産牛」として扱われます。なので、スーパー等で「国産牛」との表示で販売されているもののほとんどは、「和牛」とは別の物で、ホルスタイン種や交雑種である事実が多いといわれています。

長い歴史があり、色々な審査や検査を通過して、厳しい基準で選ばれてきた和牛。そして、一般の国産牛よりも時間や労力を十分に費やし、肥育されている和牛。一生に一度は口にしてみたいものですね。

ここでご紹介した和牛の中でも、最近私がはまって食しているのが『米沢牛』です。

ここ半年程前から親しい友人3人で、通販購入したお肉をシェアしています。
今回は私たちがどうして通販サイトで購入したお肉をシェアする様になったのか、簡単ですがレポしたいと思います。

以前は食材は大手スーパーや食品を宅配してくれる専門業者で買っていました。しかし、同じマンション内に住んでいる子供を通じて知り合ったママ友さんからお肉の通販サイトでお肉を買うと、経済的でいながら美味しいお肉なんだよという話を教えてもらったのです。

最初は話半分で聞いていましたが、同じマンション内に暮らす、もう1人のママさんも教えたもらった通販サイトでお肉を購入していると言うことを聞いたので、ならば、3家族合同でお肉を購入したらもっと経済的になるし、送料なども一箇所に送れる関係でお安くなるし、3家族分を月に1~2回購入してシェアしない?と提案してくれたのです。

ママ友がお勧めなお肉の通販サイトは業者さんも仕入れをする程に業界でも評判が良いらしく、口コミで人気だと教えてもらったので、お肉をサイトにて選んでから到着するのが本当に楽しみでした。

特に牛肉関係は人気だと言う事なので、特に牛肉を楽しみにしていました。
お肉がママ友の自宅に到着したと言う連絡をもらったので、保冷効果がしっかりしている容器を持参して、ママ友が丁寧に全てを三等分にしてくれて、会計もきっちりと三等分にしてもらいました。

まず、お値段ですが、普段私がスーパーや食材の宅配専門店で購入してお肉代よりもぐっとお安く購入ができました。また、牛肉の質がとても良くて家族たちからも大好評をもらいました。

二回目もママ友さんに購入をしてもらえましたが、主人の実家と私の実家へもお肉を差し入れしたいと思ったので、個人的にも通販を利用する様になりました。

その差し入れの際に利用したのが米沢牛です。

主人の両親や姉、そして私の両親も通販で購入した米沢牛はとても味が濃くて柔らかくて美味しかったと言ってくれたので、大満足の結果となりました。

PR:生命保険の口コミ.COM/お家の見直ししま専科/JALカード/生命保険の選び方/クレジットカードの即日発行じゃけん/住宅リフォーム総合情報/マッサージのリアル口コミ.com/工務店向け集客ノウハウ/SEOアクセスアップ相互リンク集/英語上達の秘訣